コンテンツへスキップ

トイレの床は何を選ぶか

昔のトイレはタイル張りだったり、モルタル仕上げだったりして水をざっと流して洗えるトイレが多かったと思います。最近はフローリングやクッションフロア、シート張りなどにして水を流さないで汚れても拭きとり掃除で対応する床が増えています。

それを知った時は水でざっと流して洗うほうが清潔でないかと思ったりしていたのですが、トイレリフォームのウェブサイトやメーカーなどの記事を読んでいると水で流すよりも拭き取って常に乾燥させておくほうが菌の繁殖なども抑えられて清潔に保てるということです。実際に自分の家のトイレをリフォームするとなると汚れた時に思いっきり水で流したいと思うのですがこういう最近の情報を見ると、水で流さない普通の内装の床にして汚れはその都度拭き取って掃除したほうがいいのかと悩むところです。確かにフローリングなどにするとトイレっぽくなくて格好もいいのですが、実施するとなると掃除しやすいシート張りなどにして汚れを取りやすいものにしたいと思います。

やっぱりトイレは洋式です!

新しい部屋を探す時色々な条件こだわりを持って探しますが、絶対外せないのはトイレです。絶対洋式トイレでないとダメです。今時和式便器なんてあり得ないと思うのですが、内覧物件にまだあったんです。
 子供の頃の思い出ですが、和式のボットントイレに大切なハンカチを落としてしまい、悲しくて誰にも言えずに泣いた思い出があります。昔は洋式便器なんて無かったのでトイレが嫌いでした。そんなトラウマから、住む上でトイレは必ずこだわるポイントです。
 私のトイレのこだわりは、勿論洋式便座、自動で蓋が開閉する、ウオシュレットは必須、ノズルも自動洗浄、便器内は汚れが付きにくい材質、音姫様が付いている、手洗い器は別、等ちょっと盛沢山ですが希望です。
 さて、内覧の物件ですがトイレ以外は気に入ったんです。少し古いですが間取りも予算も希望通りです。でもどうしてもトイレはだけは許せません。そこで不動産屋に交渉。トイレのリフォームをお願いしました。最初は渋っていましたが、粘りに粘ってリフォームをして貰う事に成功、その結果トイレはだけはピカピカです。設備は希望がフルで叶った訳でははありませんがとても快適です。思い切って交渉し、トイレのリフォームをしてもらえて良かったです。快適な生活が送れています。

トイレのリフォームをしました

いつものように朝起きてトイレで用を足して水を流すと、水が止まらなくなってしまいました。
慌ててタンクの中を開けて、いろいろ触ってみましたがまるで水は止まりませんでした。
自分でどうすることも出来なかったので、トイレなどの水周りの修理を行ってくれる業者に連絡して来てもらいました。するとタンク内の部品が劣化して、水が止まらなくなっているが、トイレ自体が古いので部品が無いので修理が出来ないことと、トイレが古いのでリフォームした方がいいことを告げられました。その場では、決断できずトイレのリフォーム業者を何軒かあたってみて安い業者にトイレのリフォームを頼みました。トイレリフォームは、場所がトイレだけに時間が掛かると困ると思っていましたが、あっという間に古いトイレを取り外して新しいトイレを設置してくれ1時間で終了したので、手際の良さに驚きました。新しいトイレになって、落ち着いて用を足せるようになり快適です。